父の日の由来

6月の第3日曜日は父の日(Father's Day)です。

母の日の由来に続き、父の日由来のうんちくを簡単に紹介します。


アメリカに住む「ジョン・ブルース・ドット夫人」の提唱による。
彼女の父は、妻に先立たれ、ドット夫人ら子供6人を男手一つで育てた。

ドット夫人は、母の日の存在を知り、父に感謝する日も必要だと、
1909年6月19日(第三日曜日)に制定することを提唱。
以後、1916年に認知されるようになり、1972年にアメリカで国民の祝日となりました。

ドット夫人が父の墓前にバラを供えたため、
健在している父には赤いバラ、亡くなった父には白いバラ
が贈られるようになった。

日本で一般的な行事となったのは1980年代。
ファーザーズ・デー委員会という団体が「父の日黄色いリボンキャンペーン」を推進し、父の日に黄色いリボンを付けた贈り物がよく見られる。

しかし、花は特定されてないため、黄色いバラや黄色い花、ヒマワリなどもよく贈られます。

b0208895_1485997.jpg
参考サイト 「日本ファーザーズ・ディ委員会」http://www.fdc.gr.jp/index.html
      「語源由来辞典」http://gogen-allguide.com/ti/chichinohi.html
[PR]

by YANOKAEN | 2011-06-12 01:55 | その日の気分  

<< サプライズプレゼント お供え花 >>